FXは売りでも買いでも取引可能
uda式

リズムから攻める英会話教材

"UDA式30音英語リズム"

効果検証!

英文音声の長短、強弱、高低、緩急・・
あらゆる英文の"うねり"を追求した
画期的教材!!

独学による英語の発音訓練には、限界がある。
発音の矯正には、第三者のチェックがどうしても必要になってくるからだ。
【お金と時間】があるなら、それも可能。
しかし、忙しい社会人なら、まずこの教材で試せ!

UDA式30音英語リズムの特徴

ビジュアルを併用した構成

なんといってもDVDの映像とリズムカーブに沿った音声収録という親切設計が最大の特徴だ。

実際に映像を見て頂いたほうが早い。

ネイティブの映像の下にあるリズムカーブというカーブに沿って、
そのネイティブが英文を読み上げていく様子がわかると思う。

実際の口の動きや表情などを視覚的に確認できるため、
利用者にとってはこれ以上ないお手本となっている。

私は、この構成のおかげで、非常にスムーズに学習を進めることができた。

豊富な例文

合計236個(DVD1→12個、DVD2→224個)の例文が収録されいる。

例文の数が非常に多く、そして肯定文、疑問文、会話文などバラエティも富んでいる。

そのため、英文のリズムを徹底的に体に染み込ませることができる。

また、後半の方は、文の構造や語彙などの点で難易度が高くなるため、一足飛びに進んでいくのではなく、序盤から一つ一つ着実に消化していくスタイルが望ましいと考えられる。

スピード調整

実は、リズムカーブに4種類のスピード(1.0倍、1.3倍、1.5倍、2.0倍)を加味した例文も収録されている。

この段階速の英文スピードに脳を慣らしていくという訓練は、思いの外重要だ。

私は、イギリスに2年間留学した経験があるが、実際のネイティブが話す英語は、非常に早い!

子供でも普通に早い!!実際に行って、話してみないとこの速さはわからないだろう。

そして、コミュニケーションを成立させるためには、このリズムとスピードの両方に対応していかなければいけないのだ。

教材収録の倍速音声による訓練は、リズムだけではなく、同時にネイティブのスピードへの耐性も高めていくのに、非常に役に立つ。

UDA式30音英語リズムの詳細

注文すると、下記のような教材一式が送られてくる。

uda式3

uda式3


CDは2枚あり、CD1は43分、CD2は83分で合計は、2時間6分だ。

Day1からDay12の12部構成であり、Day1とDay2(DVD1)で「発音とリズムの関係」について説明し、この教材を使う意義を示している。

Day3からあとは、ひたすら下記のようなページ構成でリズムカーブと映像を見ながら学習を進めていく仕組みになっている。

uda式3

時折、NGシーン(下記参照)が挿し込まれており、ネイティブのナチュラルなやりとりを見ることでき、学習者を飽きさせない構成にしているところも評価できる。

こんな人にオススメ

  • ディクテーションや発音訓練、語彙力や文法力を勉強しているのに、リスニングがなかなか上達しない人


    英語の音を識別する力や英文の構造を把握する力があるにもかかわらず、なかなか英文をクリアに理解できるようにならない人は、英語のリズムへの適応がスマートにできていないおそれがある。


    とりわけ長文パッセージや海外ドラマの聴き取りに弱い人は、英文リズムへの耐性をつけることで、一気に聞き取れる範囲が広がっていく可能性が高い。

    発音と違い、「気付き」の難易度が低いリズムを身に付ければ、比較的短期間でリスニングスキルが上昇していくだろう。

  • 聴き取り能力に不安はないが、ネイティブと円滑なコミュニケーションができず、困っている人


    相手の言葉を受け止め、伝えたいことがあるのに、うまく伝えることができない人は、その伝え方が棒読みになっているおそれがある。

    英語の音一つ一つを正しく発音できていても、英語使いとしてのリズムを身につけないと、まともなコミュニケーションにならないだろう。

  • TOEICのリスニングセクションのスコアを引き上げたい人


    ある程度の音声識別力があれば、TOEICのリスニングセクションは、【ある程度】のスコアには達するはずだ。

    しかし、あくまで【ある程度】で、それ以上のスコアアップを達成することは、それまでと同じことをやっていても、無理だ。

    そこで、英語リズムへの対応力を身につけることが、さらなるスコアアップへつながる可能性がある。

    英文の強弱、緩急、高低、長短といったリズムに素早く対応できれば、解答に必要なキーワードを拾い漏れる可能性が低くなるためだ。

最後に補足しておくが、当教材の学習効果を最大限高めるためには、ただDVDを聞き流すのではなく、能動的に自分の声を確認しようとする姿勢が不可欠だ。

可能ならば、定期的にボイスレコーダーで自分の声を録音し、自分の英語が正しくうねっているかを確認することをお勧めする。


オリジナル特典

この【UDA式30音英語リズム】を当サイトからご購入いただいた方には、
当サイト限定のオリジナル特典を差し上げたいと思う。

特典の内容は 私が作成した以下の3つのオリジナルレポートのうちの一つメールまたはスカイプによる学習相談だ。

(スカイプとは、ウェブ上で無料で通話できる電話のようなもので、通話には、マイクとイヤホン機能のついた「ヘッドセット」が必要です。通常の電気屋さんで数百円で買えます。)

 

【特典1】 基本動詞のイメージ解説集

基本動詞のイメージ解説集
     

使用頻度の高い8個の基本動詞をそのイメージから解説したレポートだ。

動詞をイメージから使いこなせるようになれば、リスニングやスピーキングの運用速度がワンランク上がる。

なぜなら、単純に日本語を介して理解する手間が減るためだ。

   

コアとなるイメージを私なりに例文を混ぜながら、分かりすくまとめたので、英語力アップの足がかりにしていただけば幸いだ。

 

【特典2】 基本前置詞のイメージ解説集

基本前置詞のイメージ解説集
   

基本前置詞と呼ばれる計6個の単語について、それぞれコアとなるイメージを中心に取りまとめたレポート。

前置詞は、単発でも使われるが、動詞と結びついて、句動詞(call for や put on など)にもなり、さまざま用例で登場する。

   

動詞と同様にイメージで押さえておくことにより、効率よくマスターできるので、 このレポートを適宜活用し、英語の運用能力の上達に役立たせていただきたい。

 

【特典3】 英会話の本番で実力を120%出しきる3つのSTEP

英会話の本番で実力を120%出しきる3つのSTEP
     

このレポートは、英会話訓練中の日本人の方向けに取りまとめた実践ノウハウ集だ。

 

英会話の訓練をバッチリやっているのにもかかわらず、いざ本番になると、練習の成果を出しきれず、そのたびに凹んでしまう英語学習者の方に読んでいただければ、新しい気付きを見つけることができるだろう。

 

全33ページのライトなボリュームだが、ご紹介するノウハウは、私自身の実体験に基づいた非常に濃い内容になっている。

 

レポートでご紹介する3つのステップを順に踏んでいくと、あなたが持っている本来の実力が自然と発揮できる状態になるはずだ。  

上記レポートに加え、メールスカイプによる学習の相談特典(無期限)も付加する。  

学習相談と言われても、「お前は何者だよ?」という話になるので、
少し遅れたが簡単に自己紹介しておく。

■画像説明文

私高橋陽生(はるき)は、英語力克服のために、2008年夏からイギリスに2年間留学し、現在は、国内で会社員として働いている。

帰国後の英語力のブラッシュアップは、仕事やプライベートを通して、ヒアリング、発音、英語感覚、ディベートなどのオーラルの分野を中心に定期的に取り組んでいる。

TOEICは、2012年の夏に900点を取得。

こんな私だが、中学、高校、大学時代は、英語科目には、良い思い出は全くなく、辛い受験戦争のシンボルとして、忌み嫌う科目だった。

忌み嫌いながらも、屈することが嫌いだった私は、なんとかするために、持ち前の暗記力を頼りに英語と戦ってきた。

しかし、大学入試センター試験では、いくらやっても120点前後しか取れず、200点満点をとる人が存在する事実を受け入れるのに、苦労したほどだ。

要するに、英語を一文一文訳す習性があったために、毎回時間追われる試験を繰り返していたのだ。

英語を学習している日本人がぶつかるであろうあらゆる壁にぶつかってきたと自負している。



 

なお、この学習相談特典の利用は任意なので、希望があれば対応させていただく。

   

以上が、当ページからUDA式30音英語リズムを購入いただいた時に差し上げる特典の内容だ。

   

購入後、下記の特典申請フォームから請求をしていただきたい。 請求内容を確認させていただいた後に、折り返しご連絡するという流れだ。

     

特典申請フォームはこちら

     

(なお、この特典を受け取るためには、予め以下のリンクからパソコン(Cookie)の設定を確認しておいてください。)

   

⇒ Cookieが有効になっているかを確認する。

 

特典付きご購入はこちら

下記の【リンク】から、販売ページへご訪問ください。
UDA式お申し込みはこちらから